2014年08月06日

シルクフラワーのお仏花

アレルギーのある方や、高温で生花の飾れない場所などに
おすすめなのがシルクフラワー(アーティフィシャルフラワー)です。

今回はお盆前ということでお仏花をご紹介。

silk_bukka.jpg

2サイズ 3種類を販売中です。


手前 Sサイズ(1種類) 長さ約20cm ¥400(税抜)
奥 Mサイズ(2種類) 長さ約22cm  ¥680(税抜)




posted by acca_hanamasa at 14:05| シルクフラワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

ブログ移転のお知らせ

当ブログとプリザーブドフラワー専用ブログのURLが変更になっております。
直接ブックマークを入れている方はお手数ですが変更をお願いいたします。

acca花政ブログ

プリザーブドフラワーBlog


旧ブログの過去記事のうち、
切花メンテナンスと鉢物メンテナンスのみ
こちらに引っ越し済みです。
posted by acca_hanamasa at 19:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

切り花のお手入れ■水切りと焼揚げ■

切り花を長持ちさせるポイントは

・水につかる部分の葉を取り除く
・良く切れるハサミで茎をカットする
・切り口が渇かないうちに清潔な器に新鮮な水を入れて生ける

この3つです。これだけで花もちが格段によくなります。


さて、今日はここから少し進んで、より花を長持ちさせる水揚げ方法をご紹介します。
花束がお手元に届くまでに時間が掛ってしおれてしまった場合にも有効です。


■水切りと深水■

care1.jpg

余分な下葉を落としたら、
茎の切り口を揃えて新聞紙などで包みます。
花首が垂れている場合は
真っ直ぐになるように気をつけます。



care3.jpg

バケツにたっぷりと水を入れます。
夏場は氷も入れて下さい。
茎を水の中で切り戻します。

その時、水のできるだけ深いところで切ると
水圧で水が揚がり易くなります。

切る時は切り口がつぶれないようによく切れる鋏で斜めに切ります。これは導管の切り口の面積を広くするためです。


care8.jpg

2〜5時間ほどそのまま水につけます。


水切りをしても水が揚がらなかった場合や、茎が硬く水が揚がりにくい花材、
切り口から白い液が出る花材は以下の方法をお試しください。


■焼き揚げ■

care6.jpg


水切りの時と同様に花を新聞紙などで包み
下部を少し濡らします。
茎を斜めにカットしてすぐに火に当て
炭化するまで焼きます。


care7.jpg

この位まで焼けたらすぐに深水につけ
そのまましばらくおきます。


この他、切り口をお湯に30秒ほどつける「湯揚げ」も有効です。

posted by acca_hanamasa at 18:00| 切花メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイドランジアの管理方法

ハイドランジア(西洋アジサイ)の管理方法

peach_1.jpg

■置き場所■
開花中は日当たりのよい室内に。
以後は戸外の日当たりのよい場所に移します。真夏は半日陰に置きます。
庭に植えることもできますが改良品種は鉢のまま管理します。

■水やり■
水をたいへんに欲しがる植物です。絶対に水を切らさないようご注意ください。
生育期には1日1回は必要です。

■肥料■
生育中のみ月に1回緩効性化成肥料を施します。また花が終わってから、10月くらいまでは油粕などを定期的に与えてください。

■開花後の管理■
花後は、葉のついているところを1〜2節残して思い切って刈り込み
一回り大きな鉢に植え替えます。そして、7月中下旬に再度刈り込みます。8月以後に刈り込むと花芽ができず、来年に花が咲きません。 

■冬越し■
地植えした物は霜が降りる前に鉢上げします。
冬場に寒さにあたることで花芽が充実するので、5℃程度の暖房の無い部屋に
最低2ヶ月は置くようにします。
長期間0℃以下にすると花芽が枯れてしまうのでご注意下さい。
posted by acca_hanamasa at 16:00| 鉢物メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールドクレストの育て方

置き場所
日当たりの良い場所に置きます。ただし、強い日差しの下に置くと葉の色が濃くなります。乾燥に弱いので冷暖房の当たる場所は避けます。


水やり
乾燥にも加湿にも弱いので、土が乾いたところを見計らってたっぷりと与えます。室内で育てる場合は時々霧吹きで葉水を与えます。


肥料
2ヶ月に一回程度、暖効性肥料を与えます。冬場は一度で十分です。


植え替え
鉢底から根が出るくらいに育ったら一回り大きな鉢に植えかえします。根に触ると弱ることがあるので根土は落とさずそのまま植えます。


剪定
樹形が崩れた場合のみ、なるべくハサミを使わず手で葉を剪定します。

posted by acca_hanamasa at 14:00| 鉢物メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。